トップ / 披露宴での親族の挨拶に関して

披露宴での親族の挨拶に関して

披露宴での親族の挨拶

結婚披露宴での親族の挨拶

親族の挨拶は、結婚式と披露宴の締めくくりを飾る大切なスピーチです。謝辞は、披露宴に出席してくれた列者への感謝と媒酌人へのお礼、新郎新婦への今後の指導と支援のお願いなどを述べます。結婚披露宴の最後に両家を代表して新郎の父親が挨拶するのが一般的です。当日に考えながら話すのは難しいので、事前に原稿を作って練習しておくと良いです。時間は2分で600字程度にまとめます。文例の作り方は、自己紹介から始まり列席者へのお礼と祝辞へのお礼、親としての心情と今後の支援のお願いや、媒酌人へのお礼と披露宴の進行に不行き届きがあった事へのお詫びと最後に結びの言葉です。この様な方法で考えるとスムーズにスピーチが出来ます。当日は、堂々と笑顔で話す事も忘れない様にしましょう。

披露宴の親族の挨拶の方法

結婚は新郎と新婦の2人だけのものだけではなく、お互いの家族の結びつきでもあります。その為、式の時には両家の親族の紹介が行われます。結婚式が始まる前に行われる場合や式が終了して披露宴が始まる前に行われる場合があります。親族の紹介の方法は、代表者形式で行われる場合と自己紹介形式で行われる場合があります。代表者形式の場合には、新郎と新婦のお父さんが親戚を紹介します。この場合には、紹介された親戚はお辞儀だけで済ませる場合もあります。自己紹介形式の場合には、親戚が自分で自己紹介をします。親戚が多い場合には、挨拶は一言で済ませた方がいいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚準備のためのタスクに関して. All rights reserved.